知的財産(特許)について、イラストで解説しています。

現在無料で公開しています。
知的財産に興味を持つきっかけとなれば幸いです。

  • 01.はじめに(全体像):知的財産(知財)の全体像についてイラストで分かりやすく説明します(IPdash東京 特許事務所/弁理士 留場恒光)

スライドの見方:
スライドの右端(矢印)をクリックすると、次のページに進みます。
スライド→解説スライド(半透明の黒色背景に白文字)と続きます。
(解説スライドがないページもあります。)

(→第2回へ

オススメしたい方
・知的財産に興味がある経営者の方
・商品開発に関わるエンジニア・研究者の方
・知財部門の方、学生の方

分かりやすさを重視し、
例外的なケースの説明は省いています。

【一覧】
第1回:はじめに(全体像)
第2回:知財、知財と言うけれど(知的財産権)
第3回:そもそも特許は何のために?(特許法の目的)
第4回:特許権の一生(特許申請から消滅まで)
第5回:どこまでが権利になる?(特許請求の範囲)
第6回:審査官のお仕事(審査・査定)
第7回:タッチの差(新規性・先後願)
第8回:権利範囲が被った!?(利用発明)
第9回:その発明、興味があります(実施権)
第10回:特許権を侵害するとどうなるの?(民事と刑事)
第11回:そもそも特許権の侵害とは?(直接侵害・間接侵害)
第12回:4つの審判(審判制度)
第13回:審判と裁判
第14回:権利の話とお金の話
第15回:知財を取り巻く環境(WIPO統計)
応用第1回:最初が肝心!(補正できる範囲)
応用第2回:このデータ、追加させてください!(優先権)
応用第3回:その特許、知らなかったんですが…(過失の推定)
応用第4回:この発明、前からウチで使っていました(先使用権)
応用第5回:そんな特許はダメでしょう!(異議申立て)
応用第6回:PCTって何?(特許協力条約)

  ☆     ☆     ☆

→縦スクロール版はこちら

(スライドショー(横スクロール)と内容は同じです)

  ☆     ☆     ☆

弊所のセミナーでは充実したコンテンツをご提供しています。
こちらで公開しているコンテンツの補足や事例追加の他、知財戦略に関する章などが追加されています。

ご興味がある方は「お問い合わせ」からご連絡ください。

また、ビジネスに知財を導入したい等、知財経営に少しでも興味がある方もお問い合わせください。
無料相談を承っています。

お気軽にお問い合わせください。03-6665-0885営業時間 9:00-19:00

お問い合わせ