商標登録区分・第6類

指定商品区分・第6類はざっくり言うと…

金属・金属製品

です!

特許庁資料によると、この区分には主として「未加工及び半加工の金属(鉱石を含む。)並びに特定の金属製の商品」を含みます。

  ☆     ☆     ☆

●以下に例を挙げます。下記の緑字部分をざっと眺めて頂くと、この区分の全体像がイメージしやすいかと思います。

区分全体として…

鉄及び鋼、非鉄金属及びその合金、金属鉱石、建築用又は構築用の金属製専用材料、金属製建造物組立てセット、金属製荷役用パレット、金属製人工魚礁、金属製養鶏用かご、金属製滑車(ばね・バルブ)(機械要素に当たるものを除く。)、金属製管継ぎ手、てんてつ機、金属製道路標識(発光式又は機械式のものを除く。)、金属製液体貯蔵槽、金属製ガス貯蔵槽、いかり、金属製輸送用コンテナ、かな床、金属製金具、安全錠、ワイヤロープ、金網、金属製包装用容器、金属製のネームプレート及び標札、金属製のきゃたつ及びはしご、金庫、金属製立て看板、カラビナ、金属製彫刻

などがこの第6類に含まれます。

商品が多岐に渡るので、詳細は一番下のリンク先(特許庁サイト)をご参照ください。

【全体をイメージするための具体例】

鉄及び鋼:銑鉄、鋳鉄、特殊鋼、鋼管、鋼板、ブリキ板、鉄くず
非鉄金属及びその合金:銅地金、銅又は銅合金の鋳物・はく・粉及び伸銅品、チタニウム合金地金
金属鉱石:亜鉛鉱、金鉱、鉄鉱、銅鉱
建築用又は構築用の金属製専用材料:ガードレール、手すり、防火扉、マンホール、門
金属製金具:くぎ、ナット、ボルト
金属製包装用容器:缶詰缶、ドラム缶

  ☆     ☆     ☆

★間違えそうなこの商品:他区分の商品と間違えそうなものをピックアップしました!

銅地金 → 金(銀・白金)地金なら第14類です。
金属鉱石 → 非金属鉱物なら第1類です。
金属鉱石 → 金属元素、金属酸化物なら第1類です。
金属製彫刻 → 石製彫刻は第19類、木製・石こう製・プラスチック製彫刻なら第20類です。

  ☆     ☆     ☆

商標登録出願の際に指定する商品区分の第6類について、わかりやすく紹介しました。

他の区分については、以下をクリックしてください。

(第6類解説 了)
IPdash東京 特許事務所

第7類の説明に進む

第5類の説明に戻る

  ☆     ☆     ☆

興味を持たれた方は、下記特許庁のサイトにある「類似商品・役務審査基準」最新版をご確認ください。
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/trademark/ruiji_kijun/index.html

※商標登録の費用はこの区分の数に応じて変化します。商標登録出願(申請)の際はご注意ください。

  ☆     ☆     ☆

[宣伝]商標登録が初めての事業者様、「商標権の取得まで」がコミコミ税別4.8万円~(弁理士のサポート付き!)

リンク先で「商標登録に係る料金」をクリックしてください。
(「特許出願に係る料金」の次になります。)