USドル

特許は必要だから申請したい。でも、

・いくら掛かるかよく分からないな…
・料金が複雑だなぁ…
・特許に掛かる費用を抑えられない?

そんな疑問に弁理士がお答えします。

  ☆     ☆     ☆

ポイントは3つ!

1.特許庁に払う費用と弁理士(特許事務所)に払う費用がある

2.少なくとも、出願時、審査請求時、登録時に掛かる費用がある

3.登録(権利化)後も維持費(特許料)がかかる

図示すると以下になります。
左から右に向かって手続きが進みます。

徹底解説!特許費用(料金)_費用まとめ
特許費用まとめ

それでは解説します。


  ☆     ☆     ☆

1.特許庁に払う費用と弁理士(特許事務所)に払う費用がある

徹底解説!特許費用(料金)_登録までの特許庁費用・弁理士費用
登録までの特許庁費用・弁理士費用

・特許庁費用(特許庁に支払う費用・印紙代)

登録までの特許庁費用は、最低で19万円強、通常25万円ほどになります。

特許庁に支払う費用だけで20万円近くかかることに驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただしこの特許庁費用については、中小企業等に対する減免措置等があります(後述)。

・弁理士費用(特許事務所に支払う費用・明細書作成手数料等)

登録までの弁理士費用は事務所によって変化しますが、おおよそ40万円程度になります。

弁理士費用については日本弁理士会が統計を出しています。
こちらをご参照ください。
弁理士の費用(報酬)について(日本弁理士会)

内訳を細かく見みましょう。

  ☆     ☆     ☆

2.少なくとも、出願時、審査請求時、登録時に掛かる費用がある

徹底解説!特許費用(料金)_登録までの特許庁費用・弁理士費用詳細
登録までの特許庁費用・弁理士費用詳細

特許庁費用(①~③)と弁理士費用(④~⑥)に分けて解説します。

・特許庁費用

①出願料:出願時に特許庁に支払う費用です。

②出願審査請求料:出願審査請求の際に特許庁に支払う費用です。
特許の取得には必ず特許庁審査官の審査を受けなければならないため、出願審査請求という手続きをします。そのための費用です。

この出願審査請求料が複雑で、正確には「138,000円+請求項の数×4,000円」で算出されます。
イラストで約14万円~と書いているのはこのためです。
請求項の数(請求する権利の数)※に比例します。

ただし、出願審査請求料には減免措置があります。
中小企業等の場合はその1/2が免除になる、などです。

詳しくはこちら:
 特許料等の減免制度(特許庁)

※「請求項の数」とは
例えばスマホアプリの発明などは、通常サーバの動作に注目して「A手段、B手段、C手段、とを備える○○システム。」などと特許請求の範囲(請求項)に記載します。
ここで、そのような処理を行う「プログラム」についても権利を確保したい場合に、「コンピュータを手段 A、手段 B、手段 C、…として機能させるための○○プログラム。」のような形で別の請求項を追加します。
最初の「~○○システム。」だけであれば請求項の数は1、「~○○プログラム。」についても権利取得するなら請求項の数は2となります。

③特許料:特許登録のために特許庁に支払う料金です。
最初は1~3年分をまとめて支払います。

4年目以降の特許料は後述します。

特許料にも減免措置があります。

登録までに掛かる特許庁費用の解説は以上です。

より詳細についてはこちらのページをご覧ください。

 産業財産権関係料金一覧(特許庁)

・弁理士費用(弁理士や特許事務所に支払う費用・報酬)

④明細書作成手数料:
特許事務所が特許書類(明細書)の作成を代行する際の手数料です。
特に決まった名前は無く、事務所によります。単に手数料とも呼ばれます。

この費用が事務所によって分かれるのですが、おおよそ20万円~30万円です。
弁理士のスキルが特に発揮される部分です。

通常、弁理士が書く書類(明細書)の量によって料金が変化します(従量制)。
料金を開示している事務所であれば、5,000円/枚(ページ)、10,000円/枚などと書かれていると思います。

このため、弁理士費用は値段の幅があります。

一定枚数までは料金が定額という事務所もあります。

⑤審査請求手数料:
出願審査請求という手続きを代行する弁理士への手数料です。こちらも特に名前はありません。
手数料が掛からないこともあります。

⑥登録手数料(成功報酬):
登録に際して掛かる費用です。
登録料の納付代行に掛かる手数料の他、成功報酬制の特許事務所はここで成功報酬が発生します。

成功報酬はおおよそ10万円からのようです(IPdash東京特許事務所調べ)。

  ☆     ☆     ☆

以上は最低限の費用であり、さらに以下の費用が発生する場合があります。

・相談料金:
 特許出願について相談する料金(チャージ)です。無料相談を設ける事務所は多くあります。
 初回相談無料・2回目以降はタイムチャージ制(数万円/時間など)であったり、
 原則タイムチャージ制であるものの、出願を依頼することで相談料が無料になったりします。

・特許調査費用:
 既存の特許文献等を調査するための費用です。

 単独だとおおよそ5万円くらいからありますが、相談時の簡易調査が無料である場合や、調査費用が出願費用に含まれる場合も多いです。
 弁理士のスキルが発揮される部分です。

・中間対応費用(意見書・補正書作成費用):
 重要な費用です。審査官から拒絶理由通知が届いた際に、意見書や補正書で対応するための費用です。

 意見書作成・補正書作成でそれぞれ5万円~、合わせて10万円~が相場です。
 弁理士のスキルが発揮される部分です。

 なお、特許庁からの拒絶理由通知が無ければ無料のこともありますが、この場合は成功報酬が発生することが多いようです。

・審査官面接費用:中間対応による費用ですが、弁理士が特許庁に赴き、審査官と直接やりとりする場合の費用です。
 おおよそ3万円~となります。

以上から、登録(権利化)までの弁理士費用はおよそ40万円~60万円です。

そして、特許庁費用も合わせると、登録(権利化)までの総額費用は60万円~90万円くらいになります。

※報酬体系は事務所によるので、上記の費用範囲から外れることもあります

自治体によっては補助金等により、特許庁費用や弁理士費用の一部を負担してくれる場合があります。

  ☆     ☆     ☆

3.登録(権利化)後も維持費(特許料)がかかる

徹底解説!特許費用(料金)_登録後の維持費用
登録後の維持費用

・特許庁費用

上で1年目から3年目の特許料について述べましたが、特許料はより正確には以下の計算式で計算されます。
大まかに言うと、特許料は年々高くなっていく、というものです。

これは、「特許を長く維持するということは、それだけ特許による恩恵も受けているだろう」と考えられるためです。

 第1年から第3年まで:毎年 2,100円+(請求項の数×200円)
 第4年から第6年まで:毎年 6,400円+(請求項の数×500円)
 第7年から第9年まで:毎年 19,300円+(請求項の数×1,500円)
 第10年から第25年まで:毎年 55,400円+(請求項の数×4,300円)

●注:2004年4月1日以降に出願審査請求した出願は、上記の料金が適用されます。
Google検索で旧料金(2004年3月31日以前の料金)が表示されることがありますので、ご注意ください。

イラスト中、「約2万円/年→約7万円/年」と書いてあるのは、4年目であれば2万円程度~の維持費なのですが、10年目以降となると、最低でも毎年7万円ほどの費用が掛かるためです。

ただし、1~10年目の特許料は減免措置の対象です。

・弁理士費用

登録料の納付代行手数料です。維持管理費などとも呼ばれます。

費用は数千円~のようです(IPdash東京特許事務所調べ)。

  ☆     ☆     ☆

お客様によっては、「交渉のため、出願の事実だけがあればよい」という場合や、
出願後、「権利化までは不要になった」という場合があるでしょう。

その場合、上記審査請求以降の費用は不要になります。

まとめ

1.特許庁と弁理士(特許事務所)に払う費用がある

 まず特許権取得費用の相場として、特許庁費用30万円、弁理士(特許事務所)費用30万円の合計60万円~が相場。
 特許庁費用が少なくとも20万円近く掛かる。
 ただし、特許庁費用は減免措置で安くなる可能性がある。
 また、地方自治体が特許庁費用、弁理士費用を補助してくれる場合がある。

2.少なくとも、出願時、審査請求時、登録時に払う費用がある。

 請求項の数に応じて特許庁費用が変化し、またそれに応じて弁理士費用が変化することが多いため、依頼人からすると非常に分かりにくい。

 出願審査請求手数料と特許料が減免対象。

3.登録(権利化)後も維持費(特許料)がかかる

 権利期間が長いほど、特許庁費用が高額になる。

  ☆     ☆     ☆

弊所の場合

弊所の料金表はコチラになります。
明細書作成量やページ数に応じて変化する従量制料金は排除し、分かりやすい総額料金表示となっております。

  ☆     ☆     ☆

記事の更新を弊所Facebookページでお知らせしています。
以下の「いいね!」ボタンを押して頂くと、更新がお客様のFacebook(ニュースフィード)に表示されるようになります。

  ☆     ☆     ☆

Special Offer

ここまで読んでくださってありがとうございます!

ここまで読んでくださった方に、特別料金をご提供します。
ご依頼の際に、「徹底解説!特許費用のページを見ました。」とお申し出ください。

なお、このキャンペーンは予告なく終了することがあります。ご了承ください。

  ☆     ☆     ☆

IPdash東京 特許事務所

お気軽にお問い合わせください。03-6665-0885営業時間 9:00-19:00

お問い合わせ